Share the wind

 

 

 

 

フクロダケ栽培


 
 
 
 

小学校の裏の土地を生徒達と一緒に開拓し、

フクロダケの畑を作りました。

 

小学校の予算の確保、また親への技術支援と

収入の向上を目的にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ始めたの?

『小学校の予算を裏の土地を活用して生み出す、かつ家庭の収入源の1つとなる』
この2つを求め市場調査と栽培環境を調べました。その結果フクロダケに辿り着きました。

 

市場では、1キロ3ドルから時期によっては5ドル程で売られており、
比較的高い価格で取引されている野菜です。 

 

 

 

フクロダケ栽培のビジョン

小学校内で予算をつくり、そこから筆記用具の購入や毎年行っているシェムリアップへの

社会科見学の費用を賄いたいと考えています。

同時に、裏の土地を活用することにより、親たちと小学校の距離を縮め、
考えて生み出す場としての認識を持って貰おうと思っています。